This so adorable...

日々起きること。

ある日の一日、『ららら』に導かれた日。

「懐かしい、においがした~」

 

この言葉ではじまる歌が、頭の中で流れ始めた12:11。

何の曲だったっけ?と考えながら、頭の中で流していると、

 

「好きになるのは~簡単だけど~」

 

歌っている歌手の顔が、頭の中に現れ、そして、

 

「らら~ららら~」。

 

そうだ、大黒摩季の『ららら』だ。

今日の私は機嫌が良かった。

 

 

▼曲が流れ始まる前に、廊下で、通りすがりの職員に急に話しかけられた。

「あの、○○職種さんなんですよね」

私の職種を聞く、中年後半の細身の男性。

昨日、鍵ホルダーの前でたたずむその男性に、

「何かお困りですか?」私がそう話しかけたのだ。

彼が探す鍵は、別の課が使用していることを教えてあげて、初対面の会話は終了していた。

 

彼:「■■という病気を聞かれたことがありますか?僕は県で認定された第一号なのです。今度研修であなたの職種が講演に来られるのですが、昨日話したときになぜかあなたにこの話をしたくなってしまって。」そう急に病気をカミングアウトされた。

一通り話をして、素直に面白い会話だったので「またお話しましょう」と私が言うと、彼は笑顔で去って行った。

 

▼カミングアウトを受ける前に廊下を歩いていると、同じ課の普段関わりの薄い女性の上司に後ろから抱きつかれた。

昨夜、一緒に会議の受付をしていたのだが、その時の彼女はいつもの活発な様子と違った。

「お疲れのようですね」そう私が椅子を差し出すと、

彼女は「午前中の外勤を夢中でこなしていたら、すっかり水分を摂るのを忘れてしまっていて。遅くなった昼食で大量の氷水を飲んだけれども、今は頭痛がする」

と顔をしかめながら、座った。

熱中症か、もしくは脱水症で電解質のバランスが崩れたに違いないという話をしていたところ、

ふと自分の机の上に、経口補水液があったことを思い出した。

ひとっ走り席に取りに戻り、彼女に経口補水液をプレゼント。

会議中に、彼女は1本飲み切っていた。

その効果か、今朝はすっかり調子が戻ったらしく、お礼を言われた。

気付くと、外国製のクッキーと一緒に、彼女に私の手が握られていた。

おばちゃんの、手の暖かさだった。

 

▼おばちゃんに手を握られる前に、私が嫌いな女性上司に「別の日付のこの用紙が欲しいのだけれども・・・」と話しかけられた。

先日、骨折したとココにも書いた例の女性だ。

昨日の朝、「Feelさん、ピー君の手伝ってもらいたいんだけれども、今いい?」と大きな声で言われた。

今、私の直属のくまさん上司は家族旅行で長期休みに入っていて、いないのだ。

それをいいことに、別の担当である私を使おうとしたのだろう。みえみえの魂胆だ。

 

「今、ですか?今は、私、上司に頼まれた○○をしているんですけれど、その仕事、今、私でなければ、こなせない仕事なのでしょうか?」と、負けない大声で返した。

ひるむ、おばさん。

「そ、そう。じゃあまたいい時に声かけてくれる?」とおばさんが小声で言ったので、

「『いい時』ですね。わかりました」と、きっぱり返したが、一向に『いい時』はやってこないので、一生話しかけるつもりはない。

そんな話を昨日、ぽにょさんに深夜に聞いてもらっていたので、今日の私は、多少心穏やかだった。

実のところ、彼女が別の用紙が欲しいと言いはじめるかもしれないと考えて、事前に用意もしていたのだ。

 

「どうぞ」と、私は笑顔で、用紙を手渡した。

 

▼孤独な高齢者の寂しさは、若い私には想像がつかないが、きっと寂しいものだろう。

家族で過ごすお盆や正月になると、必ず泣きながら「寂しい」と電話をしてくるおじいさんがいる。

彼が若いときに、嫁と娘を殴り、虐待をしていたから、家族は出て行ったのだ。

彼は戦争に行っており、殴ったことは虐待という認識は今でもない。

「○○さんが、家族の望まないことをしたから、みんないなくなったんでしょう?仕方ないが。私なら、殴り返しとるよ。○○さんが悪い」と、電話がかかってくるたびに、率直に諭していたのだけれども、

『○○さんが、昨日数年ぶりに帰ってきた娘を殴って、今警察に捕まっているから迎えに行く』という同僚からの報告を受けた。

驚いた、その一言だった。

 

▼始業前に、海外旅行に出かけているくまさん上司と、彼の家にお泊りに行っている直属の後輩のことを考えた。

いつも、私の相手をしてくれる人が二人もいないのは、少しさみしい。

でも、楽しんできてくれたらいいな、そう考えて、ひとりにやにやしていた。

 

 

 

そんな一日。

夏が終わった。

昨日で、私の夏が終わった。

今日からは、仕事に邁進です。

 

連日夜の会議の仕事が入っているし、今週は長い一日が多い週となりそうだ。

 

 

あぁ。

自分の中の情報が処理しきれない。

いろいろなことに気づけたし、

楽しかった、良かった。

 

 

そういえば、今日から学生が来るんだ。

10年近く前に私が初めて学生を持った時、

結果その子と恋に落ちてしまった。

半年くらいで別れたけれど、

激しく恋という穴に落っこちてしまった恋だった。

 

 

ま、今の私にはこんなことは無いだろうけど、

気を引きしめていこう。

 

 

 

 

 

見知らぬ番号からの知らせ

深夜に、携帯が震える音で目が覚めた。

 

知らない電話番号からの着信。

恐らく、相手には、

海外着信になる旨のコールが流れたはずなのに、長い着信だった。

0805621****

とりあえず気になるので、

Yahoo!から電話番号検索のサイトを検索してみようと、

Yahoo!トップを開いたところ、

北朝鮮がグアム沖にミサイルを落とす計画をしていて、

アメリカはこの計画に、実行したら今まで見たことのないことが北朝鮮で起こる、

と、警告したニュースをしていた。

 

びっくりした。

日本では、えらい騒ぎになっているのではないかな。

帰ったら、日本が無くなっているかもしれない。

 

 

船の中で、白人同士の女性同士の喧嘩を見た。

我先に降りようとした白人女性。

船内は満員で、外は急な大雨で、水位が増していた。

彼女は、その状態が不安だったのだろう。

出口に向かう過程で、押した押さないだ、3人の白人女性同士の殴り合いになった。

私の後ろで起きたため、ぽにょちゃんは一部始終を見ていたけど、

私には声しか聞こえなかったが、

ヒステリック具合に呆気にとられた。

 

私の目の前には、インド人らしき紳士と、台湾人らしき3人の家族がいた。

肌が黒く、目がクリッとした古そうなメガネをかけた男性は、

ケンカをチラッと見ただけで、外を眺めていた。

台湾人の家族は、ケンカには見向きもせず、静かに、仏のように神妙な顔で目を瞑っていた。

そして、ケンカの罵声を翻訳しパートナーに話す日本人。

 

白人はすぐにヒステリックになる。

騒ぎは、わっと他の白人も巻き込んだ。

だがアジア人は、全く動じない。

慌てないし、冷静だった。

 

だけどここに中国、韓国人がいたら、もっと違う話になったのかもしれない。

 

 

 

 

文化は、多様だ。

 

いろいろな国を見て、心からそう思う。

世界は広い。

だけど、力で解決を迫った時には、憎しみしか残らない。

 

いったい、

どの時点まで戻れば対話できたのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとしきり思案した後、

謎の携帯番号を検索した。

わかったのは、キャリアがauということだけ。

日本時間は金曜日の朝10時過ぎ。

 

終戦記念日が、第三次世界大戦の始まりかもしれない。

 

 

夢のように美味しいお菓子。

ぽにょちゃんにもらった。

 

f:id:feel3le:20170728220412j:image

 

甘酸っぱい香りに、上品な甘み。

サクッ、ふわっ、消えたっ😳という、夢のような食感。

 

めっちゃくちゃ美味しいお菓子でした☺️✨

 

 

今年の抱負は、「楽しむこと」にしようと思う。

誕生日を迎えた日、ぽにょさんに、

ぽ:「新しい年齢の抱負はなんですか?^^」

と聞かれました。

 

 

私:「・・・豊富zzz」

 

 

眠くて、頓珍漢な答えを返した私だけれども、

数か月考えて、今年の抱負は「楽しむこと」にしようと思いました。

 

 

 

今年はいつもの私の年とは、随分違った年を過ごしている。

私がしている仕事は、国から提示されたガイドラインに基づき、各地の現状に合わせた、とある仕組みづくりなのだけれども、

上司も新しく異動してきた人たちで、

残念なこと、この仕組みづくりについて現時点で一番知っているのが私なのだ。

だから、外からも内部からも詳細について問い合わせがあって、私宛の電話が無い日が無いくらい、名前を指定して電話がかかってくる。

それに、他の機関との調整やマニュアル作り、現地確認に依頼の講座。

そして地域で増えた私の高齢者ファンは、また私宛に電話やお茶のお誘いをしてくれる。

とにかく、毎日てんやわんやしています。

 

で、世の中には、「昇進」という言葉があります。

社会で働く人の多くが興味ある言葉だと思うけれども、

私は昇進はしたくないと思っている。

本当は昇進したいのに、恰好をつけまいと遠慮して言ってるのではなくて、

本当にしたくない。

できることならば静かな部署で、そんなに責任のない落ち着いた階級で、穏やかに過ごしたいと、心から思っている。

だから自分の評価シートに「自分の意見を発言するため、上司に不適切な態度をとり立てついた。」と反抗的な人間なんだよアピールを書いて、

(このときは、新しく持った事業の方向性が間違っていると思ったから、上司に向かって職場で「あなたの考えは、こう間違っている」とフロアに響き渡る大声をだした。だって、本当に間違っていると思ったんだもん。)

自分で最低評価をつけて提出したのだけれども、

「そのおかげで、事業がいい方向を向いたよ」

と優しい課長さんはまさかの最大評価してくれて、今年度は衝撃の昇進を果たしてしまった。

 

昇進、したくなかったのに。

 

再びあった面接で、課長を目の前にそう言ったら、少し寂しそうな目をされた。

 

課長:「落ち込むところ申し訳ないけど、昇進研修に行ってね」

 

私:「😱」

 

 

昇進したくなかった、という私に、ぽにょさんは真剣に怒ります。

ぽにょさんはストイックで、結構上を目指しているタイプの女性なのです。

そして女性の上司に評価されてきた思いがあるので、私にも若くしてその立場にいるのだから立派な上司になるように言ってきます。

まぁ、反対の性格の私たちだから、うまくいっているのだと思うのですが、

怒られる私は、面白くないのです。

仕事も責任も増えて気を使うし、休みを遠慮しちゃうし。

大した仕事ができる上司って、少ないと思うのです。

その比べられる世界に、私が入ってしまったということが、表現し難い不安と残念感でした。

4月5月は、悲しいくらいに仕事人間をしていました。

私、手は早いんですが勝率が7割って感じなんです。

コツコツ時間をかけて勝率10割を目指す人たちにはかないません。

本当は、そういう人が評価されるべきなのでは?とも思います。

でもそういうコツコツタイプの上司は何も決められなかったりして、話が進まないんだよね。。。

 

仕事ばかりしていると、悲しくなってくるんです。

本当に。あれは病気になる。

 

そこで、ブログやら苔やらお昼寝やら、いろいろな方面に逃げたりしていました。

しかし気づくのですが、いくら逃げたって楽しくなきゃ全く思いは解消をされないのです。

小さな事でも、思楽しむことができれば全く違う化学反応が起きて、

素敵な解消ができます。

そして、新しいことも生まれるのだと、痛感しています。

 

なので、今年の抱負は「楽しむこと」にすることにしたのでした。

 

 

 

 

ということで、

しっかり人生を楽しむために、日本の北の地→ドイツ→イタリアと8月中旬までかけてまわる旅を計画し、

ただいま北の地に来ています☺️

 

職場の人たちがマジでひっくり返った、休職並みの休みを取ッタドー。

 

トリスハイボールのCM好きだなぁ^^

最近、よくテレビで目にする吉高由里子ロバート馬場が登場するこのCMが、とっても好きです。

 

 

将来の自分たちもこうありたい。

 

 

国内線の飛行機。

f:id:feel3le:20170716184438j:image

 

ひゅーん。

 

f:id:feel3le:20170716184519j:image

 

ひゅーーーん。

 

 

国内線、揺れるんだろな😵